ホワイトニング

歯をより白くしたい方は当院へご相談ください

ホワイトニング治療はアメリカで始まりました。多くのホワイトニングシステムがありますが、いずれもアメリカ人の厚みのあるエナメル質をもった歯牙を対象にしているので、漂白力の強い素材を使用しています。ですので、エナメル質の厚みが薄い日本人に応用すると白くすればするほど強い知覚過敏を生じるデメリットがあります。
しかし、当院で行っているブライトニングSAIは、従来の科学的な反応によって白くしていたホワイトニングに加え、光触媒も利用する方法です。青色光で活性化するため、歯茎を保護する必要がないため、知覚過敏の心配はありません。また歯の表面を荒らすことなく明度を高める方法ですので、術後は歯が明るくツルツルになります。

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング(ブライトニングSAI、ホワイトニングSAI)

歯科医院でするホワイトニング治療のことをオフィスホワイトニングと言います。まず歯の表面をクリーニングします。その後に専用の薬剤を歯の表面に塗って、光を照射することで歯の明度、彩度を上げて白くします。明度を上げると言うのは、歯の透明感を上げていくようなイメージで、ブライトニングがこれにあたります。彩度を上げると言うのは、マットな白にしていくイメージで、明度をある程度まで上げた上で更なる白さを求める方のための治療です。ホワイトニングがこれにあたります。

ホームホワイトニング

過酸化尿素や過酸化水素を含む薬剤を使用して、自宅で自分が行う方法です。自分の都合のよいタイミングで行うことができるので、歯医者さんへ通うことが難しい忙しい方でも、白い歯を手に入れることが可能です。薬剤を塗布したマウスピースを装着するだけなので、初めてホワイトニングに取り組む方でも簡単に行えます。一度マウスピースを作成してしまえば、薬剤を購入するだけで何度でもホワイトニングを行うことができる上に、徐々に歯を白くしていく方法なので、より自然な白さに仕上げることができます。

ホワイトニングの効果

患者さんの個人差がありますが、一般的に持続期間は3ヶ月くらいです。理由としては日々の食事など、生活をしていく上でどうしても汚れを避けることができず、後戻りしていくためです。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つを併用すると、ホワイトニング治療として最も効果を出すことができます。この方法は、デュアルホワイトニングと呼ばれます。デュアルホワイトニングは、より高い効果を出したい方におすすめです。
ホームホワイトニングを併用すると、薄い濃度の薬剤を長期間かけて作用させるため、薬剤が歯の内部まで深く浸透し、ホワイトニングの効果が長持ちします。
ワインやコーヒーなどの着色は、表面のものなので、オフィスホワイトニングで綺麗にすることができますが、タバコや加齢による着色は、ホームホワイトニングの方が効果を感じやすいです。どちらも、より効果的に作用する汚れが違うので、長期的に見て綺麗にしたい方は併用していくのがよいと思います。
また、効果を長持ちさせるためにオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを繰り返し、しっかりとしたメンテナンスをしていれば、徐々に着色しにくい歯になっていくという報告も挙げられています。

ホワイトニングの長所と短所

  • 歯を削る必要がないので、自分の歯を傷めないで済む。
  • 短時間で何度も行うことが出来ますので、気軽に行える。
  • 費用が安いので、誰にでも利用しやすい。

ホワイトニングの費用(税別)

デュアルブリーチング 60,000円 (ブライトニング2回以上+ホームホワイトニング)
ブライトニングSAI 上下 10,000円(1回)片方 8,000円(1回)
ホワイトニングSAI 上下 20,000円 (1回)
ホームホワイトニング 40,000円

ご予約・ご相談はお気軽に

歯でお悩みの方は当院へお気軽にご相談ください

  • tel_03-3966-5698
staff staff blog