予防歯科

定期的なメンテナンスが必要です

小さい頃、寝る前や学校で歯磨きをしたか確認をされた経験のある方はほとんどだと思います。学校でも歯科医師による歯磨き指導を受け、正しい歯の磨き方を教わったにもかかわらず、虫歯になってしまい、治療をすることになってしまった方は大勢います。歯磨きを適当に済ませてしまったり、歯磨きを怠ってしまって虫歯になる方はもちろんいますが、中には教わった通りに歯を磨いても虫歯になってしまう方もいます。
それを踏まえると、歯磨きだけでは、虫歯になるのを予防できなかったのではないかと考えられます。日本では、12歳児の虫歯本数が、平均で1人あたり2本以上、その後急激に増加し、20歳になると10本近くになります。これは、先進国の中では大変多い数字です。北欧では12歳児の平均は1本以下、20歳になっても2〜3本という結果が出ています。歯の質、食べ物、歯磨きの仕方など、考えられることは多くありますが、諸外国と日本では何が違うのでしょうか。

 

治療を主体とする日本と、予防を主体とする北欧の保険制度の違いともいわれています。 日本では歯医者は直しに行くところですが、北欧では歯医者は悪くならないように予防をしに行くところなのです。

当院のPMTC

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)とは歯科衛生士、歯科医師が行う専用機材を用いて歯面清掃を行うことです。プラークや食べ物、タバコなどでついた汚れは、ブラッシングだけでは完全に除去することはできません。このような、患者さん自身では除去できないプラーク、汚れをPMTCで除去します。毎日の歯磨きに加え、定期的にPMTCを行うことで、プラークや汚れだけではなく、バイオフィルムに守られた細菌も除去することができ、虫歯や歯肉炎を効果的に予防することができます。また、PMTCは歯科医師や衛生士といった、プロによって行われるものなので、口の中に異常があれば、その場ですぐに専門的な対応をしてもらえます。口の中を綺麗にすると同時に、病気の早期発見にもつながります。

フッ素利用方法の違い

フッ素には、歯質を強化する働きがあり、先進国では、フッ素が水道水や食塩に添加され、自然に体内に取り込まれています。フッ素の錠剤を毎日服用したり、ミルクに入れたりする国もあり、積極的にフッ素を有効利用して、歯質の強化をはかることで、むし歯予防を行っています。
ですが、前述したように、同じ先進国でも、日本と他の国では、平均の虫歯の本数が大きく違います。これは、歯医者を利用する目的が違うことが関係していると考えられます。
日本では、多くの方が歯科健診でむし歯が見つかるか、痛くならないと歯医者さんには行きません。虫歯をはじめとする歯の病気を治すために歯医者に行くといった考え方が一般的です。
ところが、他の先進国では普段から定期的に歯医者さんに通い、フッ素で歯質を強化することを柱に虫歯予防を行っています。新たに虫歯ができていないか、経過観察中の虫歯は治療が必要な段階まで進行してないかといったことの確認のために歯医者さんに行きます。
当然、ほとんどの場合、治療は必要なく、予防処置だけで終わります。歯周病についても同様で、定期的に通って継続的に正しい歯磨き指導を受けるとともに、自分なりの歯磨きだけでは落ちない歯垢を歯科衛生士さんにとってもらうといった処置をうけています。
また、歯を削らないので、歯医者さんは痛いことをするどころか、逆に口の中をきれいにすっきりしてくれるので、快適な所ということになります。
対照的に日本では、歯医者さんは怖いところだと苦手意識を持つ方も多く、治療をしなくても、通うこと自体が億劫になっている方もいたりなど、歯医者さんに対する意識の違いも虫歯の本数が違う理由に挙げられます。さらに、日本の健康保険では予防は保険の対象にならないことも大きく関わっていると考えられます。

生活習慣を改善

むし歯は進行したり、治ったりを自然に繰り返しています。
口の中に食べ物が入っていると糖を原料にバイ菌が酸を作って歯を溶かしていきます。その酸を、唾液がゆっくりアルカリに近づけていき、唾液の中のカルシウムなどが溶け出した歯に沈着して再石灰化が起きて治していきます。しかし、酸をアルカリにするのに時間が掛かることに加え、間食の回数が多かったりすると、アルカリになる前にまた食べ物が入ってくるため、歯は溶ける一方です。食べ物を食べ終わってから次に食べ物を食べるまでの時間が短いとむし歯が進むのです。このように、だらだら食いが虫歯を進行させてしまいますが、人間には虫歯を自然に治す機能も備わっているので、まずは間食の回数を減らすを控えることから始めましょう。
歯周病は、プラークを構成する細菌による感染症であると共に、生活習慣病でもあります。プラークとは、歯に付着している粘着性の沈着物で、多くの細菌から構成されている、細菌の固まりなのです。プラークの細菌は、糖分を分解して酸を作り出し、加えて、毒素も作り出します。この毒素が歯茎の奥まで入り込んだりすることで歯周病になってしまいます。また、喫煙者は歯周病になりやすいとも言われています。
歯周病を予防するためにはプラークを極力減らすことが大切です。プラークを減らす努力を「プラークコントロール」と言い、日常的なプラークコントロールとしては、やはり食後の歯磨きが重要です。糖分を控える、タバコを控える、歯磨きを怠らないなど、普段の生活を改めることでリスクを軽減することができます。ですが、それだけではプラークを完全に除去するのは難しいので、定期的に歯医者さんに通うようにしましょう。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯でお悩みの方は当院へお気軽にご相談ください

  • tel_03-3966-5698
staff staff blog