予防歯科


~ 定期的なメンテナンスが必要です ~


みなさんは今まで歯科医院でむし歯の治療をしたことがありますか?
みなさんは小さい頃から歯磨きをしていませんでしたか?
寝る前に、歯磨きした?とか学校でも歯磨きしてきた?って。言われていませんでしたか?
で、歯磨き指導受けて、ここが磨けていないので、こういう風に歯ブラシを当ててとか。でも、むし歯になって治療したんですよね。ということは、歯磨きではむし歯になるのが、予防できなかったのではないでしょうか?

先進国で日本だけが12歳児の1人平均むし歯数が2本以上、その後急激に増加し20歳になると10本近くになります。では諸外国ではどうでしょう。特に北欧では12歳児1人平均むし歯数は1本以下、20歳になっても2~3本に止まっています。

何が違うのでしょう?歯の質?食べ物?歯磨きのしかた?

フッ素の利用方法の違い

先進国では、フッ素が水道水や食塩に添加され、自然に体内に取り込まれています。フッ素の錠剤を毎日服用したり、ミルクに入れたりする国もあり、積極的にフッ素を有効利用して、歯質の強化をはかることで、むし歯予防を行っています。

また他の先進国では、歯医者さんの利用のしかたが大きく違います。
日本では歯科健診でむし歯が見つかるか、痛くならないと歯医者さんには行きませんよね。

ところが、他の先進国では普段から定期的に歯医者さんに通い、フッ素で歯質を強化することを柱に虫歯予防を行っています。新たにむし歯ができていないか、経過観察中のむし歯は治療が必要な段階まで進行してないかの確認のために歯医者さんにかかるのです。
当然、ほとんどの場合、治療は必要なく、予防処置だけで終わります。歯周病についても同様で、定期的に通って継続的に正しい歯磨き指導を受けるとともに、自分なりの歯磨きだけでは落ちない歯垢を歯科衛生士さんにとってもらう
などの処置をうけている。歯を削らないので歯医者さんは痛いことをするどころか、逆に口の中をきれいにすっきりしてくれるので、快適な所ということになります。

ところが日本の健康保険では予防は保険の対象にならないんです。

生活習慣を改善

むし歯は進行したり、直ったりを繰り返しているのを知ってますか。

口の中に食べ物が入っ ていると糖を原料にバイ菌が酸を作って歯を溶かしていきます。唾液がゆっくり酸をアルカリに近づけていきます。そうすると唾液の中のカルシウムなどが溶け 出した歯に沈着して再石灰化が起きて治していきます。でも酸をアルカリにするのに時間が掛かります。アルカリになる前にまた食べ物が入ってくると歯は溶け る一方です。

こうしてむし歯が進行するのです。食べ物を食べ終わってから次に食べ物を食べるまでの時間が短いとむし歯が進むんです。

間食の回数が多いとむし歯が進行する。間食の回数を少なくしましょう。

歯周病は細菌による感染症です。
と共に生活習慣病でもあります。ですから細菌の数を減らし、生活習慣を改善すれば予防できるのです。まずはプラークコントロールの徹底がなによりです。

レーザーを使ってフッ素を取り込ませます

虫歯に対しては抵抗性を高める目的で、レーザーを使ってフッ素を取り込ませます。さらに必要があれば3DSを併用します。


3DSとは?

各個に調整したトレーに必要な薬剤を入れ、ブラッシングの後トレーを歯にかぶせて一定時間作用させることで必要かつ安全な濃度の薬剤を必要な部位のみに確実に作用させることができます。


定期的なメンテナンスを継続

歯周病に対しては定期的なメンテナンスを継続し、PMTCの後にレーザーで歯周ポケット内を殺菌して環境を改善します。さらに必要があれば3DSを併用します。


PMTCとは?

歯科衛生士、歯科医師が行う専用機材を用いた歯面清掃、患者さん自身では除去できないプラーク、汚れを除去します。

クリニック案内

都営三田線 『 志村坂上 』 駅 A1出口より徒歩4分

医院名
宗像歯科医院
院長
宗像宏行(ムナカタ ヒロユキ)
住所
174-0051
東京都板橋区小豆沢2-23-2
診療時間
月・火・水・金     10:00~19:00
土       10:00~18:00
昼休み     13:00~14:30      

※予約制につき診療日時をご予約の上、来院ください。
日・木・祝日 休診
★初診の方、月初めに来院される方は必ず保険証をお持ち下さい。

電話番号
03-3966-5698

ご予約・ご相談

「どんな治療法があるの?」
「治療にかかる期間は?」

疑問に思う事、何でもご相談ください。


03-3966-5698

宗像歯科医院