無痛治療

けずらない虫歯治療(ドックベストセメント)

虫歯をすべて削り取るのではなく、持続的な殺菌力のあるセメントで虫歯を治す治療法です。従来の治療のように、虫歯を全て削り取るのではなく、ミネラルの力で殺菌するものなので、痛みが少なく、歯医者さんに苦手意識がある方も気軽に受けられる治療法です。また、削り取る治療の場合は、虫歯の部分だけではなく、その周辺の健康な部分まで削ってしまうデメリットがありましたが、ドックベストセメントの場合は、必要最低限にしか歯を削らないため、従来の治療よりも健康な歯を残すことができます。しかし、痛みがひどく、虫歯が神経まで到達している場合は、ドックベストセメントによる治療を行うことができません。また、歯の状態によっては、この治療が適切でない場合もあるので注意が必要です。

塗る麻酔と貼る麻酔

当院では、痛みのない、痛みの少ない治療を心がけています。麻酔が必要な場合には、必ず塗る麻酔や貼る麻酔などの表面麻酔をした上で、血圧や脈拍、血中酸素飽和度を継続的に測定しながら、患者さまに適切な麻酔薬で麻酔注射をします。また、当院では筋肉内鎮静を取り入れております。腕の筋肉にごく少量の薬を注入し、眠っている状態で治療を受けることができます。全身麻酔とは異なり、意識ははっきりしているので、治療後は普段通りに生活することができ、血圧などにも影響を及ぼす事はありません。安全で気軽な鎮静法です。効果時間は約2時間で、起きたら治療が終わっているので、怖さや不安を感じている方に非常におすすめです。

コンピューター制御の電動麻酔機

いきなり多くの麻酔液が体内に入ることで痛みを感じたり、体調が悪くなったりすることがあります。そのため、麻酔液を注入する際の速度や、かかる圧力に気を配る必要があり、ちょうどよい注入速度と注入圧が求められます。しかし、どんなにすごい腕を持った医者でも、それを完璧にコントロールするのは非常に難しいことです。そこで当院では、コンピューター制御の電動麻酔器を導入し、麻酔注射の際、一定の速度と圧力で麻酔液を注入できるようにしています。速度もかかる圧力も一定なので、麻酔液を注入する際の痛みを大幅に軽減することができます。また、麻酔注射に使う針も、33Gの極細のものを使用しているため、刺した瞬間の痛みもほとんどありません。

麻酔液は、人肌ぐらいに温めて使用します

麻酔液は、注入時の痛みの少ない人肌くらいの温度に温めて使用します。これは、麻酔液の温度差によって刺激され、痛みや不快感を覚えてしまう場合があるためです。最も痛みが少ないと言われる人肌と同程度の温度にすることで、麻酔液が入ってきたことによる痛みを可能な限り軽減します。もちろん、麻酔液を温めても品質に問題はありません。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯でお悩みの方は当院へお気軽にご相談ください

  • tel_03-3966-5698
staff staff blog