インプラント

安全安心インプラント治療

当院では最新鋭の低被爆、歯科用CTを完備しています。インプラント治療では、術前に必ずCT撮影を行ない、『ノーベルクリニシャン』というCT解析ソフトで3次元的な骨の形態及び状態を把握します。その上で正確な治療計画を立てることで、最小限の歯肉の切除切開のみでインプラント窩の形成、埋入を行うことが可能です。

「ノーベルクリニシャン」で立てた治療計画通りにインプラントを埋入するための専用のサージカルテンプレートを作成して、正確な方向、深さにインプラントを埋入する手術方法が、「ガイドサージェリー」です。 インプラントを長持ちさせるためには、入れる方向と、深さで全てが決まります。ガイドを使わない手術ではシミュレーションしたものとどうしてもずれてしまい、何年か経つと問題が生じてくる場合があります。「ガイドサージェリー」は、その場だけの処置ではなく、先を見据えた処置ということなのです。より高度な処置にも対応が可能なので、他院で断られた場合でも、「ガイドサージェリー」によって、インプラント治療が可能な場合もあります。 また、特別なプログラミングをされた遠心分離器を中心とした『PRGF-Endoret』により、自己血液中の増殖因子のみを取りだして組織再生を促進させますので、早期にインプラントの骨結合が得られ、さらに術後の痛みや腫れがほとんどありません。 こうして長期的な予後が見通せる安心・安全なインプラント治療を行うことができます。

ガイドサージェリー

CT撮影のデータを元に立てた治療計画通りにインプラントを埋入するための専用のサージカルテンプレートを作成して、正確な方向、深さにインプラントを埋入する手術方法である、「ガイドサージェリー」に対応しています。 インプラント治療の予後は、埋入方向と、埋入深度で全てといわれます。フリーハンドで行うとシミュレーションしたものとどうしてもずれてしまい、何年か経つと問題が生じてくる場合がありますが、その問題をなくすためにズレをなくすには、「ガイドサージェリー」を取り入れるしかありません。「ガイドサージェリー」は、その場だけの処置ではなく、先を見据えた処置ということなのです。フリーハンドでは方向への埋入手術が可能なので、他院で骨移植が必要と診断された場合でも、「ガイドサージェリー」によって、骨移植しないでインプラント治療が可能な場合もあります。

抜歯即時埋入

本来、抜歯をした後は骨が安定するまでインプラント治療を行うことは難しいとされています。しかし、治療期間が長くなることや、複数回の手術を要することなど、デメリットも多くありました。これらのデメリットを解消するために、抜歯した当日にインプラントを埋入する技術が確立されました。抜歯とインプラント埋入を同日に行うことで治療期間の短縮を図るとともに、血漿由来の増殖因子を用いて組織再生を促進させ、抜歯後の骨の吸収を進ませずに済ますことができます。
また前歯のような一日たりとも歯がなくなっては困る部位にはインプラント埋入と同時にプロビ(仮歯)を入れる即時機能にも対応しています。
しかし、この治療をするためには、インプラントを埋め込むための十分な骨の量があることや、歯周病にかかっていないことといった条件があるので、他に治療が必要な場合があります。

他院でインプラントができないできないと言われてしまった方へ

骨増成術(GBR)

インプラントを埋入できるだけの骨が足りない場合の治療法です。歯を失ってから時間が経っていると、その周囲の歯槽骨が吸収されていき、吸収されることにより、骨が痩せ細ってしまいます。痩せ細って骨の厚さが不足した状態では、インプラントを埋入しても、骨から露出してしまいます。
そのような時に行われる骨造成術では、足りない部位に自家骨及び骨補填材と多血小板血漿由来の膜、吸収性コラーゲン膜を用いて骨幅や骨の高さを増大させ、インプラントを埋入するための理想的な環境を作ることができます。
当院では可及的にインプラントの埋入と同時に行います。

上顎洞底拳上術

上顎の臼歯部(奥歯)には、上顎部と呼ばれる空洞があります。上顎の骨は下顎に比べ、骨が柔らかくなっているので、骨を吸収する速度がはやくなっています。そのため、インプラントを埋入する時には、骨が足りなくなってしまっています。そのような場合は、上顎の臼歯部で副鼻腔の上顎洞底までの長さが短くてインプラントを埋入できない場合に上顎洞粘膜を持ち上げて自家骨及び骨補填材と増殖因子を混ぜて固めたものを入れて骨の増成を図ります。
当院ではインプラント埋入と同時に行います。

インプラントのQ&A

Q.インプラントの適齢は?

A.インプラントは骨に埋め込むものですので、骨の成長期は不適です。従って骨の成長が落ち着いた18歳前後から、ご高齢の方でも健康状態に問題がなければ十分に可能です。

Q.インプラントはどれくらいもつものなの?

A.スウェーデンでの調査によれば、15年以上もっている患者さんが90%近くいらっしゃるとのことでした。それには、手入れをきちんとして、定期的なメンテナンスを続けることで長くおつきあいいただけるものなのです。

Q.手術がこわいのですが・・。

A.麻酔をしますので痛みは極力おさえることができます。侵襲の程度も抜歯程度と考えていただけばイメージしやすいで しょうか。術後の痛みは抜歯よりも少ないことがほとんどです。それでも怖いという方には希望により麻酔科医による静脈内鎮静法を行います。全身麻酔とは違 い意識はありますが、寝ているような気分のうちに手術がが終わります。手術に関しても入院等の必要はほとんどありませんので、通常の生活をしていただけま すが、術後は安静を心掛けて下さい。

 Q.インプラントに使用されている金属で、体に影響はありませんか?

A.インプラントに使用する金属はチタンです。チタンは生体親和性が高く、骨と結合しやすく、生体内で変化の少ない金属です。研究等で安全性も確立されています。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯でお悩みの方は当院へお気軽にご相談ください

  • tel_03-3966-5698
staff staff blog